Welcome to LIONS Club International 333-E Cabinet in 2010-2011_Guest_san 
メインメニュー
クラブ活動アーカイブ
  • カテゴリ 3-3.養護施設 の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

地区ガバナ方針にスポット - 3-3.養護施設カテゴリのエントリ



神戸ハーバーLCでは、ハートフルコンサートを開催致しました。
11月6日(土)午後2時30分より中華会館・東亜ホールにおいて障がい児を対象としたハートフルコンサートが開催されました。
第3回目となるこのコンサートは、神戸ハーバーLCが主催し、兵庫県音楽療法士会様の協力の下、普段は外出やコンサート視聴の機会も少ない障がい児の皆さんにも音楽を楽しみ、体感していただき思い出に残る時間をを過ごして頂くために企画されました。
約1時間の短い時間でしたが100名を越える障がい児及び引率の皆さんは、声を出して一緒に歌ったり、会場に配られた手作りの楽器を鳴らしたりと楽しんでおられました。またおみやげとして、手作りのクッキーもお持ち帰りいただきました。 


  **  「ハートフル」、正に心のこもったコンサートです。あったかいです。

**  この記事は、当該準地区の承認を得たうえで掲載しています。
 




福井本丸ライオンズクラブと福井県身体障害者福祉連合会が、自立や積極的な社会参加を促そうと毎年開いています。今年で11回目となりました。福井市を中心に県内各地から96人が参加し、個人戦で競い合いました。競技はガーターをふさいだレーンや、車椅子の方などは投球用のスロープを使用して競技を行いました。難聴の方の内には、健常者よりも上手な方がおられました。皆さん毎年楽しみにしておられるようであちこちで挨拶をしたりして話が弾んでいました。


**  ボーリングも工夫次第で楽しい交流に非常に役立つものだと感じました。

**  この記事は、当該準地区の承認を得たうえで掲載しています。

カテゴリ : 
3.新アクティビティーヒント » 3-3.養護施設
執筆 : 
aoki2 2011-3-5 19:15




1975綛岩札


10月5日(火)、東京世田谷ライオンズクラブ・東京三軒茶屋ライオンズクラブの合同アクティビティ、第1回「障害者施設見学ツアー」が実施されました。これは8回シリーズで開催予定で、区内の精神障害者施設をライオンズメンバーと施設を探している当事者・家族らがともに見学して回る事業で、今期は東京三軒茶屋LCの20周年記念事業でもあります。
 今回は小田急線千歳船橋駅改札に、東京世田谷LCのL進藤・東京三軒茶屋LCの水谷L、さらには東京恵比寿LCの荘L、そして当事者・家族・関係者4名の計7名が集合し、L進藤の運転するワゴン車で区内3施設を見学して回りました。
 1か所目の施設「さら就労塾@ぽれぽれ」はパソコン教室を中心として2年で一般就労を目指す訓練をする施設、2か所目の施設「風の谷プロジェクト」は畑つきの庭を有する一戸建ての居場所型の共同作業所、3か所目の施設「すとぉりぃ」は紙すきとリサイクルショップも運営するアルコール依存症の方のための施設と、それぞれ特徴のある施設を見学して回りました。
 当事者の方は「実際に気に行ったところがあった」、ご家族は「本人抜きで参加して意味があるかと思っていたが大変有用だった」とのことでした。そしてライオンズからは、荘Lからは「いろいろ施設を見て、世田谷でこれだけネットワークがあるとわかった。渋谷でも実施できるかどうか、考えてみたい」、水谷Lからは「各施設が法律の動きに翻弄されないよう、きちんとコンセプトを決める必要があると思った」とのご感想を頂きました。次回は10月15日に実施予定です。
       
記事・撮影 世田谷ライオンズクラブ 幹事 L.進藤義夫



**  まさに初めてのアクティビティー、しかも行う前から8回開催を予定し、継続性もあり、実に有意義な内容です。
ただの交流に終わらず、当事者の皆さんの立場に合わせたアクティビティーと思いました。  

**  この記事は、当該準地区の承認を得たうえで掲載しています。


浦安中央ライオンズクラブ 会長 L榎本 敬三郎
1R 地区PR・情報委員 小川一男(市川LC所属)
11月25日(金)浦安ブライトンホテルにて、20日(土)当代島公民館で開催された第9回浦安市民ボッチャ大会の表彰式が行われました。ボッチャ大会は、浦安ボッチャ協会の皆様、市民の皆様、そして浦安中央ライオンズクラブメンバー、多くの参加者で会場に歓声が響きました。

ボッチャ(Boccia)とは、重度脳性麻痺者もしくは同程度の四股重度機能障害者のために考案されたスポーツで、パラリンピックの正式種目です。10月の千葉国体の競技種目でした。競技内容は、ジャックボール(目標球)と呼ばれる白いボールに、赤・青のそれぞれ6球ずつのカラーボールを投げたり、転がしたり、他のボールに当てたりして、いかに近づけるかを競います。障害によりボールを投げることができなくても、勾配具(ランプス)を使い、自分の意思を介助者に伝えることができれば参加できます。競技は男女の区別なく、クラスごとに分かれて、個人戦と団体戦があります。
浦安中央ライオンズクラブは、支援金、用具、競技大会運営など多方面での支援を浦安ボッチャ協会設立当初から約11年継続事業として、応援しています。



**  この競技は、パラリンピックの種目でもあるようですが、茨城地区では、あまり盛んでないようです。新たなアクティビティーとして取り組んでみてはいかがでしょうか。

**  この記事は、当該準地区の承認を得たうえで掲載しています。
12月24日(金)北海道小樽聾学校の生徒さん達に50,000円分の本を贈呈いたしました。
現在、生徒数は小学部6名、中学部3名の計9名です。久米校長の挨拶のあと、会長L宮田が「みなさんたくさん本を読んで下さい。」と挨拶して、生徒代表より「いつもありがとうございます。」とお礼の言葉をいただきました。
 以前は、当クラブが生徒さん達と一緒にぶどう狩りに行ってジンギスカンを食べたりしたそうです。生徒の減少によりぶどう狩りが中止となり、かわりに図書を贈呈。「ぶどう狩り文庫」として毎年寄贈しており、立派な図書コーナーになっております。今日は、生徒さん達へのクリスマスプレゼントとなりました。


**  図書贈呈のありかたとして参考になりました。

**  この記事は、当該準地区の承認を得たうえで掲載しています。




四日市富田小学校体育館において、障害者の方とその家族が参加して、ゲームや
ダンス等で親睦を図り楽しいひとときを過ごした。
この日のために練習をしてきたという障害者の方による手話コーラスやダンスなども
披露していただきました。


** LCの企画に参加してもらってる内容ですが、それ以上に、障害者の方々が、この日を楽しみにしている様子が、感じられる素晴らしいアクティビティーです。

**  この記事は、当該準地区の承認を得たうえで掲載しています。



2010年11月13日(土)毎年恒例のみどり園招待旅行にて、みどり園の園児及び引率の先生含め17名と当クラブメンバー9名 総勢26名でスパリゾートハワイアンズに行ってまいりました。

 園児たちは、プールにウォータースライダー、温泉にフラ・ポリネシアンショーを楽しみ。昼食はバイキングで自分たちが食べたいものをおなかいっぱいに食べ、楽しく充実した1日を過ごすことができました。

 招待旅行後、みどり園園長飯村様よりお礼状、園児から思い出の絵を送っていただきました。ありがとうございました。



**  1日がかり + 準備も必要でしょうから、なかなか大変なアクティビティーと思いますが、あたたかい充実した内容で素晴らしく思います。
養護施設の皆さんを招待し、ボーリング大会を実施。
LCメンバーも1レーンに1人加わり、楽しいひと時を過ごした。


** 招待するとともに、一緒に参加するということをおこなったようです。


**  この記事は、当該準地区未承認のため、概要のみの掲載です。


第31回 手をつなぐ親の会運動会開催(青少年関係)
地域の心身の不自由な方たちが、たくさんの友達と出会い、少しずつ身体を動かす中で喜びを味わっていただきたいと運動会を開催して31回目となります。今年は、障害者・引率者を含め320名もの参加者がありました。ボランティアして神戸剣道少年団の児童6名も参加、道具の準備や運営などお手伝いをしてくれました。また 今年 二十歳を迎えた方5名に 開会式の際 クラブより、お祝いの記念品を贈呈しました。
今年は例年になく、とても暑い中での開催となりましたが、障害者の方々は競技に積極的に参加してくださり、会も大いに盛り上がりました。


**  あたたかさが伝わるアクティビティーです。少年剣士にとっても有意義なひと時になると感じました。

 
**  この記事は、当該準地区の承認を得たうえで掲載しています。
XOOPS Cube PROJECT
333-E地区キャビネット事務局 〒317-0073 茨城県日立市幸町2-1-10 (株)金馬車本社ビル3F TEL 0294-26-7005 FAX 0294-24-0223