Welcome to LIONS Club International 333-E Cabinet in 2010-2011_Guest_san 
メインメニュー
クラブ活動アーカイブ

クラブ活動報告 - 最新エントリー

感動の涙の支援


2011年04月13日:335-A L橋本維久夫さんがライオンネットに情報を書き込んだ。
これまで熊三のもとへライオンネットから送られ、大槌のみなさんに届けられた物資や活動支援は
4/13現在
軽油 500L
ポリ缶 350個
寝袋504個
土のう袋 10600枚
現在要望のあるものは
敷き布団を送ってほしいということです。
送付先(遠野まごころネットの物資集積所)
〒028-0303
岩手県遠野市宮守町下鱒沢21?90?1
柏木平レイクリゾート株式会社
連絡先
遠野市社会福祉協議会
遠野まごころネット
担当 L西本(熊三)


この要請に応えるべく、18日の花見例会で、隣の席に座ったL伊村さんにこの話をしたら、直ぐに応需してくれた。
準備はとんとんと進み。
23日朝5時に支援物資満載の4トントラックで岩手県大槌町へ向かうことが出来た。


提供者:
茨城リネンサプライ(株)(伊村L&伊村社長)から
上下布団揃えて、60組
味噌300Kg。醤油は100L(500mlX200個)。
ベットパッド100枚。シーツ100枚、褥創予防用マットレス新品12枚(1枚3万ぐらいの品)。
トイレットペーパー240m巻き160個入り6箱
柴山インターナショナル(柴山社長):
カップ麺2400食。うまか棒多数。その他。
Tim&Toshimiさん
カーペット新品1本。どら焼3箱、飴玉多数。
根本L
上下布団4組。ナッツ類多数。



この活動が遠野まごころネットのニュースに載りました! http://www25.atpages.jp/tonomagokoro/news/yagi.html


岩手県大槌町の4月23日の状況。気の弱い人は見ないで下さい。
人口1万5千人の村の半数近くが行方不明で、現在1900人の死亡が確認されている。
8メートルの防波堤はもろくも20メートルの津波で壊されてしまっている。
地震から7分ほどで津波が押し寄せた。町役場で会議中だった町長始め幹部職員30名が津波に飲まれてしまい。復興の中心となる人がいなくなった。25日に仮役場が設置されなんとか役所機能が復活し、復興支援なども本格的に始まったようだ。

現地はオイルタンクが壊れて、オイルが流れ出し、おそらく電線のスパークで火がつき、大火災となった。小学校は3階まで丸焦げの傷跡が痛々しい。まるで戦争の傷跡のような状態である。
建物に赤い丸印を見たら、そこは遺体が見つかった場所である。


PhotoStory「常陸太田からの大槌町支援活動20110423」

 姉妹提携クラブである高松ライオンズクラブ・敦賀ライオンズクラブから寄せられました義援金を、浅川久志会長、渡辺洋一第二副会長が代表して茨城新聞社に届けました。
 届けました義援金は茨城新聞文化福祉事業団に寄託されます。

※2011(平成23)年4月8日付けの茨城新聞に、記事が掲載されました。

2011.04.08 茨城新聞

加藤市長とともに「サケの稚魚」を桜川に放流する浅川会長(千波湖水質浄化推進協会副会長)
 千波湖水質浄化推進協会副会長を務める当クラブ会長浅川久志ライオンが、千波湖環境学習会に参加し、加藤浩一水戸市長とともに「サケの稚魚」を桜川に放流致しました。

鹿島ライオンズクラブ

Club活動リジョン : 
2R
執筆 : 
 2011-4-22 15:55
写真のみです

鹿島ライオンズクラブ

Club活動リジョン : 
2R
執筆 : 
 2011-4-22 15:48
この度の東日本大震災にて被災されました方々には、心よりお見舞い申し上げます。 平成23年4月20日(水) 鹿島ライオンズクラブでは、東日本大震災支援活動として「愛の献血運動と義援金の募金活動」を実施致しました。 ご協力戴きました方々に心より感謝申し上げます。

千羽鶴に祈り モンゴルから

Club活動リジョン : 
全体
執筆 : 
 2011-4-20 9:20
 日立ライオンズクラブで継続としております「モンゴルYE受入れ事業」の関係校よりこの度の東日本大震災に対するお見舞いの文書が届きました。朝日新聞にもその記事が掲載されました。


4/19潮来ライオンズクラブ(献血奉仕活動)

Club活動リジョン : 
2R
執筆 : 
 2011-4-19 17:25
4/19 ショッピングプラザ ララ・ルー店(献血奉仕活動) 前回延期になった今期12回目の献血活動を行ないました。地震発生後、献血でできる被災地支援と献血の重要性、大規模な災害が起きた場合、負傷された多くの方たちの回復に欠かせない血液。献血は多くの人がどこにいても行える被災地支援の方法の一つです。また、輸血に必要な血液製剤は保存期間が限られているため、長期的な協力が必要です。一度献血をするとその人は決められた期間、 次の献血が出来ませんなので多くの方が同時に一斉に献血するよりも入れ替わり立ち替わりの方が安定して血液の供給が出来るとのことです。 「屈しない人間は、決して負けることがない」 We Serve

石巻へ婦人もの長靴支援250個(常陸太田LC)

Club活動リジョン : 
震災関連アクト
執筆 : 
 2011-4-16 8:23

石巻へ333Eキャビネットつながりで支援した。
我がメンバーの石川Lワールド靴屋さんがガンバテくれた。250足の長靴(婦人物)

4月15日

45周年式典が中止され、なんとか代わりなる事業がないかと考えておりました。
これで、何とか形を作ることが出来た気がします。


4/4-6 協和LC "安全"ホウレンソウ震災募金で無料配布

Club活動リジョン : 
6R
執筆 : 
 2011-4-15 10:23
 協和LC(小島邦光会長)は4日から6日まで、東日本大震災の被災者に向けて筑西市門井の協和中央病院駐車場で募金を募った。募金会場には、放射能測定によって安全と確認された地元産のホウレンソウがうず高く積まれ、募金に協力してくれた人たちに配布された。
 ホウレンソウを提供したのは、同市蓮沼の岩淵邦夫さん(66)。岩淵さんは、ビニールハウスでサラダホウレンソウを水耕栽培している。しかし、今回の地震と津波による原子力発電所の放射能漏れにより、ホウレンソウが出荷停止となり、廃棄処分してきた。
ハウスでの水耕栽培のため、先月30日に放射能測定した結果、放射性ヨウ素とセシウムの数値が規制値以下と証明された。
 廃棄処分されるホウレンソウを生かしてほしいと、岩淵さんは同クラブに無料提供を持ちかけた。ホウレンソウは毎日軽トラック1台分が募金会場に運び込まれ、募金者に無料で配布された。

(4月13日茨城新聞掲載)




XOOPS Cube PROJECT
333-E地区キャビネット事務局 〒317-0073 茨城県日立市幸町2-1-10 (株)金馬車本社ビル3F TEL 0294-26-7005 FAX 0294-24-0223