Welcome to LIONS Club International 333-E Cabinet in 2010-2011_Guest_san 
メインメニュー
クラブ活動アーカイブ

クラブ活動報告 - 201105のエントリ

茨城境LCに義援金200万円

Club活動リジョン : 
7R
執筆 : 
 2011-5-24 11:04
2011年(平成23)年5月19日付けの茨城新聞に、記事が掲載されました。

5/23潮来ライオンズクラブ(献血奉仕活動)

Club活動リジョン : 
2R
執筆 : 
 2011-5-23 19:36
5/23ホームジョイ本田(献血奉仕活動) 地震発生後、献血でできる被災地支援と献血の重要性国内で大きな災害が起きた場合、義援金、物資支援、ボランティアと同じように、献血とゆう支援の方法があります。、負傷された多くの方たちの回復に欠かせない血液。献血は多くの人がどこにいても行える被災地支援の方法の一つです。また、輸血に必要な血液製剤は保存期間が限られているため、長期的な協力が必要です。多くの人が全国各地から、協力できる方法です。災害時は多くの負傷者が出るため、血液製剤が必要とされるのです。但し、災害直後にだけ多くの献血が集まるのもよくありません。あまり知られていませんが、血液には使用期限があります。血小板不足に使われる「血小板製剤」は、採血後わずか4日しか持たないのです。血液は全身へ酸素と栄養を送っているため、血液が失われると、脳や心臓への影響が出てきます。血液は体を維持する要です。 「人間死に方は選べないが、生き方は自由だ」 We Serve

ライオンズクラブ講演会開催

Club活動リジョン : 
全体
執筆 : 
 2011-5-23 12:00
 5月 20日 (金曜日)、明秀学園日立高等学校体育館に講師として、哲学者、東洋思想研究家、作家の境野 勝悟先生をお迎えして、ライオンズクラブ主催による「日本のこころの教育」講演会が開催された。
 境野先生は、日本、日本人の素晴らしさについて力強く語りかけられ、会場に詰めかけた全校生徒約750名と一般の来場者およそ100名が熱心に聞き入った。

神栖ライオンズクラブ(献血活動)

Club活動リジョン : 
2R
執筆 : 
 2011-5-23 9:34
5月12日(木)神栖保健センターにて献血活動を行いました。市役所職員の方や一般の方、62名が献血にご協力くださいました。献血にご協力ありがとうございました。

年次大会(キャビネット構成員 クラブ代表者会議)

Club活動リジョン : 
全体
執筆 : 
 2011-5-18 6:30





5月7日(土)水戸の京成ホテルにて、年次大会(キャビネット構成員 クラブ代表者会議)が開催された。震災の為予定していた通常の大会が開催できず、このような形での開催となった。
ガバナー提出議案の討議承認、アワード贈呈、次期土浦キャビネットへの引継ぎセレモニー3部構成で進められた。
XOOPS Cube PROJECT
333-E地区キャビネット事務局 〒317-0073 茨城県日立市幸町2-1-10 (株)金馬車本社ビル3F TEL 0294-26-7005 FAX 0294-24-0223