Welcome to LIONS Club International 333-E Cabinet in 2010-2011_Guest_san 
メインメニュー
クラブ活動アーカイブ
  • Club活動リジョン4R の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

クラブ活動報告 - 4Rカテゴリのエントリ

4R1Z,2Z 青少年育成ライオンズクラブ講演会

Club活動リジョン : 
4R
執筆 : 
 2011-6-26 20:50



4R1Z,2Z合同主催による、「青少年育成ライオンズクラブ講演会」を6月25日土浦市民会館において開催した。
講師は、九州ルーテル学院大学客員教授大畑誠也氏で、熊本県の数多くの校長(高校)歴任され、熱い情熱と信念で各学校の問題点を解決、大躍進させ、全国の学校関係者に衝撃を与えた経験の持ち主である。
「感動教育 大畑流21世紀の人づくり」と題した講演で大畑氏は、この世の中を力強く生き抜くためには、挨拶をはじめとした、親との関わりの重要性を具体的に熱く、熊本弁で語られた。
会場に詰めかけた300名を超える聴衆は、メモを取りながら時には笑いを交え、真剣に聞き入っていた。

美浦LC YCE受け入れ

Club活動リジョン : 
4R
執筆 : 
 2011-1-23 20:50














今回、第2ホストファミリーとして、マレーシアから16歳の女子高生ヌルシャフィラ・シャフィック・ビンティ・イザド(ニックネームはフィラ)さんを受け入れました。
日本に来て2週間 疲れている様子でした。
私どもではオフの日はゆっくりくつろいでもらいながら、編み物やあやとり(マレーシアにも在るそうです)などをし、時間があるときはDVD鑑賞などをしながら元気を取り戻しました。
日本には四季があることを話し、現在の季節は冬なので、雪を見に!そしてスキー体験、温泉などへ行きました。あまりにもスキーの靴が重く窮屈でしたが、頑張って滑っていました、雪をみながらの露天風呂はとても感動していました。
16歳の女の子といえばやはりショツピングが大好きです。原宿、アウトレットなどでは家族に沢山お土産を買っていました。
フィラは日本語がほとんど話せません。娘が英語を話せることで、とても助けてもらいました。私達夫婦も英会話ができたらもっと楽しいだろうなとつくづく思いました。
2週間なんてあっという間です。やはり別れは寂しいものです。ふしぎと自分の我が子のように思うようになり、また我が家に来てもらうこと、私たちもマレーシアに行くことを約束し、さよならしました。私たちはホストファミリーとして貴重な経験をし家族全員が少し成長できたのではないでしょうか。帰る頃には言葉の壁を乗り越えて通じあえたような気がします、そしていろいろな事を学ぶことができました。
今回御尽力頂きましたYCE関係者の方がに深く感謝申し上げます。

                       美浦ライオンズクラブ
                          古渡正雄

土浦LC講演会

Club活動リジョン : 
4R
執筆 : 
 2010-12-17 20:27

;;










;;













;;











;;

  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (6283)

11月26日 薬物乱用防止教室実施

Club活動リジョン : 
4R
執筆 : 
 2010-12-1 15:05
土浦桜霞ライオンズクラブ

 11月26日、薬物乱用防止教室に土浦市の中村小学校に行きました。
私達のクラブは桜霞劇団と銘打って、校長先生、生徒にも手伝っていただき、寸劇をしています。
寸劇の前にDVDをみてもらい、薬物の怖さを十分に勉強した後の寸劇です。
学童の皆さんは色々な誘いにも絶対に乗らないという強い姿勢で断る事が出来、とても頼もしい限りです。
校長先生の演技にも熱が入り名役者ぶり発揮で、拍手喝さいでした。
この日は青少年健全育成の柴田委員長、PR・ライオンズ情報・IT委員の青木委員長、日立ブーケクラブの皆様の応援を頂きながらの講演でした。

 
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (5797)

11月25日 しょうわ家族訪問

Club活動リジョン : 
4R
執筆 : 
 2010-12-1 15:03
土浦桜霞ライオンズクラブ

 11月25日(木)土浦市のグループホームしょうわ家族さんに慰問に行きました。歌あり、踊りあり、南京玉すだれ、健康体操など、素人とは思えない会員の芸達者さに入所者の皆さん大喜びです。
演芸の後はハンドマッサージや、メイクセラピーをして心を和ませました。
なかには、涙を流しながらの嬉しい、ありがたいとの言葉に会員一同、ほのぼのと心の温まる一日を共に過ごしました。
最後に、全員一緒に手を握り合い夕焼けこやけを合唱し、離れがたい気持ちで、楽しい時を過ごせました。
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (5806)

11月3日 阿見町学童野球ジュニア大会

Club活動リジョン : 
4R
執筆 : 
 2010-12-1 14:59
 阿見町学童野球ジュニア大会は、小学校4年生以下を対象とした女生徒とも加わって、ユニークな野球大会として知られています。日頃は上級生を支え、応援している学童の桧舞台である。出場機会に恵まれない学童に試合を経験させたい思いの監督の方々は、この大会を非常に歓迎している。また保護者も正選手として出場する子供の晴れ姿に、声を枯らして応援し、一喜一憂している。子供達は、初めての対外試合に臨む選手も多く、緊張感からか練習の成果を発揮出来ない選手もいましたが、総じて真剣なプレーが多く、白熱した試合が多かった。
 阿見ライオンズクラブでは、この大会に優勝旗、カップ等を贈っております。また、助成金として本年も紙井会長より、3万円を贈呈しました。学童たちに夢と希望を与える大会として注目されております。

拝見 薬物乱用防止教室 

Club活動リジョン : 
4R
執筆 : 
 2010-11-26 18:34
11月26日(金) 土浦市立中村小学校で行われた、薬物乱用防止教室へ見学に行ってきました。
土浦桜霞LC主催で、小学6年生とその父兄を対象として開催されました。
L柴田委員長と、日立ブーケLC、そして私(PR担当L青木)がお邪魔しました。
本橋会長挨拶、L足立の講話に続き、”劇団桜霞”の登場。子供たちも演技に加わり、さらには、校長先生も舞台へ登場し、どんな状況でも断ることの大切さが、印象強く楽しく伝わる素晴らしい演技でした。
詳細と写真は、土浦桜霞LCに報告をお願いしてきましたので、ご期待ください。
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (6114)

10/24 阿見ライオンズクラブ(第11回さわやかフェア)

Club活動リジョン : 
4R
執筆 : 
 2010-11-25 9:58
平成22年10月24日(日)阿見町総合保健福祉会館周辺で開催された、8月の「まい・あみ祭り」と並ぶ秋の大イベントであり、本年で第11回目を迎えた「さわやかフェア」に参加した。
このイベントは、阿見町の保健・福祉・消防・都市開発・年金・国保などの行政関係者・社会福祉協議会及び障害者団体・商工業・農業・漁業などに従事する各種団体、また各分野のボランティア団体が参加し、そしてこのイベントに県立医療大学創寮祭が重なり、町内外から多くの人々が会場に溢れた。
阿見LCも、この大イベントに毎年参加しているが、本年も献血支援・ドナー登録・献眼のPR・シクラメンやポップコーン販売でのチャリティー活動などを行った。
中でも阿見町内各中学校の男女生徒41名が、献血のお願いのたすきをかけ、会場を巡回し、訪れた人々に声かけや、チラシを配り、献血PRをしてくれたお陰もあり、85名、18,600mlの献血を得る事が出来た。
そして、チャリティー活動で得た募金は、町の福祉向上に役立てていただきたく社会福祉協議会に寄贈した。
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (5933)

阿見・美浦LC合同早朝清掃

Club活動リジョン : 
4R
執筆 : 
 2010-11-8 14:53
10月31日朝7時、阿見町と美浦村の境を流れる清明川の清掃を阿見LCと美浦LCが初めて合同で行いました。改めてゴミの多さにモラルの低下を嘆きながらも、きれいになった川岸を見て気持ち良さも感じました。
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (5911)

阿見LCさわやかフェア献血

Club活動リジョン : 
4R
執筆 : 
 2010-11-8 12:48
10月24日阿見町さわやかフェアで献血を行いました。町内の3中学校の生徒さんにお願いし、献血の呼びかけのお手伝いをしてもらっています。中学生のお手伝いをお願いし今年で10年目になり、40人の生徒さんがチラシを持って会場を回りました。若い中学生に呼びかけられると献血者も多くなり、時間をオーバーするくらいの方が献血に協力してくれました。
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (5697)
XOOPS Cube PROJECT
333-E地区キャビネット事務局 〒317-0073 茨城県日立市幸町2-1-10 (株)金馬車本社ビル3F TEL 0294-26-7005 FAX 0294-24-0223