Welcome to LIONS Club International 333-E Cabinet in 2010-2011_Guest_san 
メインメニュー
クラブ活動アーカイブ
国際会長ブログ > 2011年1月
2011年1月 : 2011年1月14日
投稿者 : 333eCabinet1 投稿日時: 2011-01-19 11:29:25 (12281 ヒット)

‐国際会長ブログより引用‐

2011年1月14日

 あの小さな白い杖のピンがどのように作られているのかをライオン誌で読んで以来、私は自分でその作業工程を見たくてたまりませんでした。カリフォルニアへの旅の途中、毎年100万個以上ものピンを量産する、なんとも見事な機械を見せてくれたメンバーのいるモントレーパークLCを訪れました。
 クラブは「白い杖の日」を普及させる為にこのピンを造っています。1952年にゼロからスタートし、それ以来少し改良が加わりました。お湯を使って白いプラスチックのコードを柔らかくし、鋸刃で1つ1つの形に切る前にあの独特の形に曲げていきます。数を数えられ売り物として包装される前に、杖は吊るされて赤いインクへサッと浸けられます。このクラブは全てのクラブに対して、1000個パック43$でピンを販売しています。
 このビデオ(Youtube)では、工程と私の施設見学の舞台裏が見ることが出来ます。
 ※国際協会ブログで映像が見られます。


印刷用ページ このニュースを友達に送る

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
XOOPS Cube PROJECT
333-E地区キャビネット事務局 〒317-0073 茨城県日立市幸町2-1-10 (株)金馬車本社ビル3F TEL 0294-26-7005 FAX 0294-24-0223