Welcome to LIONS Club International 333-E Cabinet in 2010-2011_Guest_san 
メインメニュー
クラブ活動アーカイブ
国際会長ブログ > 2010年11月
2010年11月 : 2010年11月16日
投稿者 : 333eCabinet1 投稿日時: 2010-11-24 16:55:55 (11910 ヒット)

‐国際会長ブログより引用‐

2010年11月16日

年の瀬が近づくにつれ、世界中の多くの人々が、クリスマスやハヌカー(ユダヤ教のお祭り)、ディーワーリー(インドのヒンドゥー教の新年のお祝い)、その他の文化的な休日などで、家族や友人と集まりお祝いすることになるでしょう。これらのお祝いは、たいていの場合、皆でテーブルに集まり、盛大な御馳走を用意し、食事や仲間との時間を楽しむことになります。しかし悲しいことに、多くの家族にとって、それが現実では無いのです。
何百万人もの人々が、十分に食べる物がありません。そして、これは発展途上国に限られたことではありません。以下の2009年アメリカの統計をご覧ください。
 ‐アメリカに居る4900万人は、十分に食べ物が無い家庭に暮らしている。
 ‐子供の居る家庭は、子供が居ない家庭の2倍、食べ物が十分に無い傾向である。
 ‐480万のアメリカの家庭は、少なくとも年に一回(2009年において)は、食料庫から緊急用食糧出して使っている。
世界の他の先進国は似た統計を経験しています。ライオンズは37年以上、アフリカで食料を与え、飢えを減らそうと奮闘し続けています。あなたも自分のコミュニティを飢餓に関するアクティビティに引き込むことが出来るのです。
12月と1月には、“飢えを無くそう”にライオンズの光を灯しましょう。世界的な景気の低迷によって、より多くの家族が食卓に食べ物を並べることに困難を感じています。私達は、飢餓救援団体や地元の食料庫を支援することにより、祭日の間だけでなく、日頃から飢餓問題に取り組むことになるでしょう。今日、食べ物を集めて与えることで、与えられた人々はより健康で幸せな明日への活力を得ることが出来るのです。


印刷用ページ このニュースを友達に送る

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
XOOPS Cube PROJECT
333-E地区キャビネット事務局 〒317-0073 茨城県日立市幸町2-1-10 (株)金馬車本社ビル3F TEL 0294-26-7005 FAX 0294-24-0223