Welcome to LIONS Club International 333-E Cabinet in 2010-2011_Guest_san 
メインメニュー
クラブ活動アーカイブ
  
投稿者 : 333eCabinet1 投稿日時: 2011-03-24 11:51:55 (11002 ヒット)

3/23/2011




日本の皆様に



このたびの東北地方太平洋沖地震により亡くなられた方に対してお悔やみ申し上げます。
また、被災された皆様,そのご家族の方に対しまして心よりお見舞い申し上げます。
LCIFといたしましては直ちに復興支援にむけて1億円の大災害交付金を決定し、その旨世界に発信いたしました。日本の会員がすでにあちこちで現地救援にむけて行動を起こされていることをお聞きしてその方々にお礼を申し上げます。

LCIFの災害向け交付金は短期、中期、長期に分けられ、今後も上記の1億円の他にかなりの資金が必要とされます。我々としてはすでに世界のメンバーに協力を呼びかけ、本日の時点で韓国から100万ドル、台湾から50万ドルの誓約があり、合計で200万ドルほどになりました。

日本の皆様におかれても震災に対する献金はLCIF経由でしていただくようお願い申し上げます。世界の会員の目が今日本に注がれております。LCIFに日本の大きな献金が集まることは世界の会員に対して“日本のライオンズは健在”を示すことになりこれが世界のライオンズメンバーを勇気づけることになります。
今回の災害の規模に驚きまして、LCIFとしてはこの災害向けの指定献金をMJFの対象とすることに決めました。幾らかでも大きな金額が集まり、少しでも被災者の苦労が低減できるよう皆様のご協力をお願いいたします。



理事長 エバーハルト ヴィルフス


投稿者 : 333eCabinet2 投稿日時: 2011-01-26 13:45:25 (13013 ヒット)

‐国際会長ブログより引用‐

 ジュディと私がコスタリカライオンズクラブ結成75周年記念を祝すために旅した時に、サンノゼで特スペシャルオリンピックに出席でき、とても光栄でした。聖火に点火し、一人の競技者を手助けしたことは、私の会長職の経験で最も力強い瞬間の一つでした。
可能な限りに素晴らしい人生を送るために、身体的な障害を乗り越えている850人の競技者に囲まれて、私は、人は互いに刺激し、影響し合う能力があるということを思い出しました。
スペシャル・オリンピックや視力ファースト(Opening Eyes)のパートナーシップの効果を支援するChampions Lions Clubs(推進派ライオンズクラブ)を形成することによって、私達は身体障害者を力づけ、生活を向上させています。

※スペシャル・オリンピック・・・障害者のためのオリンピック。


投稿者 : 333eCabinet2 投稿日時: 2011-01-26 13:44:10 (13490 ヒット)

‐国際会長ブログより引用‐

 今年、ジュディと私は、かなり目まぐるしい日々を送り続けています。ライオンズを代表し、世界へ行けることが光栄である一方、私たちは、また自分の子供たちと休日を過ごせることも幸せです。愛する人たちとテーブルを囲むことは、幸せであると私は思います。
 あなたが、休日の食事の席についた時に、私は、あなたに世界中のライオンズが食料を支援している貧しい人々を思い出してほしいです。飢えた人々を救済するための私達のキャンペーンは、ライオンズを勇気づけ、充分な食料を得られない人々が、休日をより輝かせるものにするための食料配給や募金を計画しています。私の家族から、あなたたちへ。私は、あなたに安全で幸せな休日を過ごしていただきたいです。あなたの休日が喜びや愛に満ち溢れていますように。


投稿者 : 333eCabinet2 投稿日時: 2011-01-26 13:42:45 (11942 ヒット)

‐国際会長ブログより引用‐

 私は世界で一番いい仕事に恵まれていると時々ジュディに話をします。世界中の素晴らしい1億3500万人のライオンズ会員がしていることを知る機会に恵まれています。それぞれのライオンズが地域や海外で成し遂げていることを知ることは、私に誇りを与えます。
 最近、韓国の大邱市にあるリハビリテーションを訪問しました。そこは、認知障害者、脳を損傷した患者、脳疾患者の為の地域密着型の施設です。私は、そこの施主やライオンズが施設へもたらす素晴らしい影響力に感動しました。
 韓国で、身体障害者の為の最初の施設として1984年に開設され、ライオンズは資金を出し、ボランティア活動をしています。そして、現在、年間28万3000人以上の人々の助けとなっております。ライオンズは、身体障害者、つまり身体障害児や在宅介護者のためのデイケアへ職業指導の技術や教育支援を提供する助けをしています。
 隣人を支援する為に、私たちが集まり、ライオンズに何が出来るかを知ることができ、とても感動しました。ここ韓国では、ライオンズが、毎日数百人もの人々の生活を向上させています。


投稿者 : 333eCabinet1 投稿日時: 2011-01-19 11:29:25 (12279 ヒット)

‐国際会長ブログより引用‐

2011年1月14日

 あの小さな白い杖のピンがどのように作られているのかをライオン誌で読んで以来、私は自分でその作業工程を見たくてたまりませんでした。カリフォルニアへの旅の途中、毎年100万個以上ものピンを量産する、なんとも見事な機械を見せてくれたメンバーのいるモントレーパークLCを訪れました。
 クラブは「白い杖の日」を普及させる為にこのピンを造っています。1952年にゼロからスタートし、それ以来少し改良が加わりました。お湯を使って白いプラスチックのコードを柔らかくし、鋸刃で1つ1つの形に切る前にあの独特の形に曲げていきます。数を数えられ売り物として包装される前に、杖は吊るされて赤いインクへサッと浸けられます。このクラブは全てのクラブに対して、1000個パック43$でピンを販売しています。
 このビデオ(Youtube)では、工程と私の施設見学の舞台裏が見ることが出来ます。
 ※国際協会ブログで映像が見られます。


(1) 2 3 4 »
XOOPS Cube PROJECT
333-E地区キャビネット事務局 〒317-0073 茨城県日立市幸町2-1-10 (株)金馬車本社ビル3F TEL 0294-26-7005 FAX 0294-24-0223