Welcome to LIONS Club International 333-E Cabinet in 2010-2011_Guest_san 
メインメニュー
クラブ活動アーカイブ
  
投稿者 : 333E 投稿日時: 2010-08-08 15:10:15 (6263 ヒット)

7月2日、シドニー大会会場で就任式。












第93回ライオンズ国際大会の様子スライドショー:





投稿者 : 2010-2011-333eCAB 投稿日時: 2010-06-26 19:19:44 (4105 ヒット)









ご挨拶
ライオンズクラブ国際協会333-E地区 地区ガバナー 高濱 正敏

2010年ー2011年度、333ーE地区のガバナーとして皆様からご推薦を戴き、深く感謝申し上げる次第です。E地区の56年の歴史の重みを考える時、その責任の重大さと使命感に身が震える思いであります。

皆様すでにご案内の通り、数年前にライオンズクラブ国際協会は世界一の奉仕団体として認定を受けました。世界一の団体の一員としての誇りを胸に、地域社会の発展を願い、自分達ができることを地道に実践していくのが使命です。

日本語に「情けは人のためならず」という諺があります。人に親切にしておけば、その相手のためになるばかりでなく、やがては良い報いとなって自分に戻ってくるという意味のようです。

情け(奉仕活動)をかける(おこなう)こと、そのことに大きな意味があります。

それは困っている人に手を差し伸べる温かい心を育み、「私」から「公」へ意識の転換がおこなわれると思うからであります。
今、日本の社会は余りにも利己主義が蔓延し自分さえ良ければよいとの風潮が強いと感じます。

私達が様々な分野で奉仕活動を行う時に周囲の人を巻き込み、啓蒙しながら世の中が明るくなっていくことを確信しています。

奉仕活動は様々な分野があり、活動内容は多様であります。
私達の身近な奉仕活動はもちろん基本ですが、すでに実施している薬物乱用防止教室等ライオンズクラブでしかできない事業に、もっと目を向ける必要があります。又海外に目を向けてみますと、アジアの発展途上国には日本人より恵まれない人々が多数います。
LCIFの交付金を使った奉仕活動は、ライオンズクラブでしかできない事業です。

今年度は今までの良い活動の継承をすると同時に新しい活動に目を向けていただきたいと思います。

いずれにしても私達の任期は一年、12ヶ月です。この一年を充実したものにするか、あっという間に終わってしまうか、本日の研修会で皆さんがどのように、この一年の活動計画を作られるかに掛かっています。

来年の4月、年次大会に於いて、お互いに成功を分かち合うことを祈念しております。


投稿者 : 2010-2011-333eCAB 投稿日時: 2010-06-26 19:14:06 (7046 ヒット)

地区ガバナー スローガン

slogan


地区ガバナー高濱正敏 スローガン

「一燈照隅 万燈救国」


昭和の碩学(せきがく) 安岡正篤(やすおかまさひろ) 先生の「万燈行」では次のように述べられている。


  内外の状況を深思しましょう。このままで往けば、日本は自滅するほかはありません。我々はこれをどうすることもできないのでしょうか。

我々がなにもしなければ、誰がどうしてくれましょうか。我々が何とかするほか無いのです。

我々は日本を易(か)えることが出来ます。 暗黒を嘆くより、一燈を付けましょう。

我々はまず我々の周囲の暗(やみ)を照らす一燈になりましょう。


  手の届く限り、至る所に燈明を供(そ)えましょう。一人一燈なれば、萬人萬燈です。

日本はたちまち明るくなりましょう。これ我々の萬燈行であります。


  互いに真剣にこの世直し行を励もうではありませんか。

ひとり一人が社会奉仕の貴い一燈をかかげ微力を嘆くことなく、しっかりと身近な地域での活動を推進しましょう。

ライオンズの奉仕活動を求めている人々はたくさんいます。


  私達の理念に賛同する同士を増やし、地域社会を明るくすると同時に、青少年が希望を持てる社会にしましょう。


アクティビティスローガン

     「Chance Challenge Change」

     チャンス チャレンンジ チェインジ


 奉仕活動のチャンスは至る所にあります。チャンスをものにするにはチャレンジ(挑戦)しなければならない。

果報は寝て待てと時機を見ることも大切だが、積極的な挑戦をしたいものである。

挑戦をするためには、今までの自らの考え方、行動様式を変更する必要がある。


惰性に流れることなく、私達の理想の実現に向けて、自らを変え、挑戦し続けようではありませんか。

チャンス・チャレンジ・チェインジの3C が波動となって、遍く世の中に奉仕の精神が広がっていく様を今年度333-E地区のラペルピンとしました。


投稿者 : 2010-2011-333eCAB 投稿日時: 2010-06-18 07:13:39 (4076 ヒット)

地区ガバナー方針


1.女性会員、若い会員、シルバー会員を増やして活発に活動しよう

今までのライオンズクラブは男性が中心でした。しかも年を経るにつれ、会員の高齢化も進んでおります。

世の中の半分は女性です。女性の参画を得て、その感性の豊かさを学んでいきましょう。

若い人はこれからのクラブを担っていく人であり、その行動力は大いに期待するものです。若い活動力をクラブ運営に活用しましょう。

更に会社を定年退職して、時間があり、世の中のために少しでも役に立ちたいと思っているシルバー層がたくさんいます。

この方々は大変元気です。会費などは工夫して、是非声を掛けていきましょう。

2.女性クラブをExtensionしよう

ひとつに、ライオネスクラブは支部会員になっています。

支部会員は親クラブに属し、親クラブの補助的な活動をしている方々も見受けられます。

是非仲間を募って晴れて独立した女性だけのクラブになられることを期待しています。

次に、E地区には県北の日立ブーケLC、県南の土浦桜霞LCの二つの女性LCがあり、きめの細かい、女性ならではの活動をしております。

他の地域でもエクステンションできることを望んでおります。

3.各クラブ1つ以上、時代に合った新しいアクティビティを計画し、実践しよう

各クラブの三役は一年ごとに変わっていきますので、ややもすると前年のやり方を踏襲しがちです。

良いことは継承するのはもちろんですが、クラブにとって役割が終わったもの、新しい形にして継続することの検討を行って地域が求めているアクティビティを実行していただきたいと思っております。

4.薬物乱用防止教室をすべてのクラブで実践しよう

本年3月、複合地区ガバナー協議会議長連絡会に警察庁刑事局組織犯罪対策部長より、文書で薬物乱用防止教室の積極的な推進をお願いしたい旨の正式文書が届きました。

今後各都道府県の警察本部に通達され、ライオンズクラブに依頼されます。E地区として茨城県内のすべての中学校、高等学校に講師を派遣する体制を作らねばなりません。

認定講師制度の充実、市町村の中でLCがないところはエクステンションする良いチャンスでもあります。

5.国際大会に参加し、グローバルな考え方を身につけよう

今年の東洋東南アジアフォーラムは11月に台湾の高雄で開催されます。来年の国際大会はアメリカのシアトルの予定です。

世界のライオンとの交流を深めることでライオンズマンとしての意識が高まっていきます。是非参加していただければ幸です。


XOOPS Cube PROJECT
333-E地区キャビネット事務局 〒317-0073 茨城県日立市幸町2-1-10 (株)金馬車本社ビル3F TEL 0294-26-7005 FAX 0294-24-0223